歴史の暗記法

効率よく歴史事項を覚えるには?

英語や数学が得意でも、日本史や世界史などの暗記科目が苦手という人は多いですね。ここでは、暗記科目の攻略のために歴史の記憶術というものを紹介したいと思います。1日60分30日で歴史検定に合格と書いてありますね。それが本当なら、効率のいい歴史の勉強法だということです。歴史の暗記だけに特化した記憶術となると他にはないと思われます。主に歴史能力検定や大学受検の歴史科目対策には有効な手段です。歴史の記憶術では歴史事項を覚えるためのコツや方法を教えています。

 

歴史の記憶術の公式ホームページでは、3つのコツがあるとの記述があります。詳細については教材で学ぶ必要がりますが、概要だけは書いてあります。例えば長期記憶と短期記憶は違うなどです。短期記憶はすぐに忘れてしまうが、個人体験などエピソードがあると長期記憶として残るということです。エピソード記憶と意味記憶、手続記憶とプライミング記憶という言葉が使われています。専門用語なので説明しないと意味がわからないかもしれません。日本史や世界史の勉強で短期記憶を用いてる人が多いのでしょうね。そのため、勉強してもすぐに忘れてしまうというわけです。実際問題として、暗記が苦手、覚えてもすぐに忘れてしますというのは、こういうパターンが多いのでしょう。歴史の暗記を得意にしたい、試験でよい成績を出したいという人は、歴史の記憶術を検討してみてください。結果を残したい人は必須の技術だと思いますよ。


FX用語辞典

記憶術 なび